[NEW] 株式会社テマサトラベル

https://www.temasa.co.jp/

住所:東京都大田区田園調布2-50-9 第2開発ビル3F
設立:1975年11月
登録番号:東京都知事登録旅行業 第2-7473号
代表:佐藤 淳一 様
トラベルワーカー導入時期:2018年12月

《テマサトラベル様》について

テマサトラベル様は、もともと某ビール会社のエリート社員だった先代社長が40年前に脱サラして設立された旅行会社で、当初はイスラエルの現地オペレータとタイアップし日本からイスラエルへの送客を目的としてスタートされました。イスラエルは危険な地域というイメージもあり、創業当初は厳しい状況が続いたそうですが、その後1980年代に入りバブルや湾岸戦争後、イスラエルを取り巻く環境の変化もあり着実に業績を伸ばされてきました。11年前に現在の佐藤社長にバトンタッチされ、イスラエルだけではなく地元のお客様の国内旅行など、幅広い旅行商品を取り扱っておられます。佐藤社長は若い頃、イスラエルに行かれテルアビブ大学、ヘブライ大学院で10年間学ばれたという経歴を持っておられます。

インタビュー年月:2020年10月
■お話をお伺いした方:佐藤 淳一 様 (代表取締役)

Q.会社の特長やセールスポイントをお聞かせください

一番のセールスポイントはイスラエルに強いことです。スタッフ全員がイスラエルの留学経験があり、ヘブライ語を話せます。「イスラエルのことなら何でもやります」の精神でお客様への要望に対応しています。また田園調布に立地し、地元の皆様への細やかな対応をこころがけています。

Q.システム導入にあたって、とくに重視された点は?

旅行システムは18年ほど、旅行業専用のシステムを使っていました。当時としては珍しいインターネットを利用したシステムで、データはシステム提供会社のサーバーに保存する仕組みでした。ただブラウザベースではないので、システムが利用できる端末が限定され、コストも結構かかり、バージョンアップなども殆どなく、また海外がメインで国内旅行の機能が弱かったのでシステムの切替を考えていました。トラベルワーカーはGDS会社のイベントで知りました。コストが安いこと、ブラウザベースでどこでも利用できることなどを重視し、複数社のシステムを比較検討しトラベルワーカーに決定しました。

Q.トラベルワーカーを導入して良かった点は?

まず大幅にコスト削減できたことが良かったです。そしてブラウザベースで稼働するのでどこでも使えるのがありがたいです。以前使用していたシステムに登録した顧客データも、アイディディさんにコンバートしていただき、システムの切替もスムースに行えました。トラベルワーカーは、ユーザーでいろいろ応用がきくシステムで、問合せ・資料請求管理なども自分たちで工夫して管理が出来ています。Go Toトラベルキャンペーンや、東京都民割(もっとTokyo)の管理にも活用しています。

Q.テレワークでの活用状況について

コロナの影響で現在もテレワークを行っていますが、自宅でも何の準備もなく利用できるので助かっています。導入時にブラウザベースのシステムにこだわっておいて良かったと思っています。

Q.トラベルワーカーの今後に期待する点は?

とくに大きな希望はありませんが、これからもシステムを成長させていって欲しいと思います。トラベルワーカ-を活用した会計処理の運用や、まだまだ使いこなしていない機能もあるので今後更に使い込んでいきたいと思っています。